yastarumi

アルメニア共和国の民族楽器「ドゥドゥック」の国内わずかな奏者であり、シンセサイザーサウンドクリエイター。出演依頼、制作依頼お寄せ下さい。

記事一覧(25)

【6月30日(土)ドゥドゥク・ワークショップ開催@千葉県船橋市】

6月30日(土)にドゥドゥク・ワークショップを開催します。難しい事や、あまりにも抽象的な事は抜きにして具体的に、そして何よりゆっくりと沢山の事は詰め込まずに解説を進めていき、簡単な課題曲をクリアできるまで約70分間をガイドさせて頂きます。様々な地域の方が参加をご検討しやすいよう交通アクセスの良い西船橋駅から徒歩6~7分ほどの会場を設けました。ドゥドゥクのワークショップ開催は日本では初となりますが、僕としてもこれはずっと試みたかったものです。僕自身は、ドゥドゥクを初めて手に取ってからというもの、独学という事も含めて楽しんだという感覚でした。けれどやはり未知ドゥドゥクの事を知り、独学し、演奏の勝手を把握していく事に関しては、かなりの遠回りもした、とも今は思っています。少しずつドゥドゥクにご興味を持たれている方からのご連絡を頂くようになってきました。「ちょっと体験してみたいな、どんな感触か試してみたい…」お声を伺うと皆様そのようなお気持ちからですし、それで十分で全く問題無いと思います。ご興味を持たれた方が、ドゥドゥクの事をすぐ尋ねられる環境がある。これは僕が始めた時には無かったものですし、これからはそれがあるようにしていきたい。6月30日(土)だけでなく定期的な開催またはご希望日時への出張開催も今後検討しています。講師としてお伝えする私自身でさえも、皆様と一緒に勉強できたら…という位の気持ちでおりますから(^-^)ご安心を。チャレンジしてみたいな!という方には全く気張らずに是非参加してみて頂きたいなと思っています。ただレンタルとして利用頂ける楽器が講師用を除き2本のみのため、今回は定員2名とさせて頂きます。この点ご了承下さいませ!=================================日時:平成29年6月30日(土)   14:30~ 約70分ほど会場:「ドッグマナースクールmoveon」3F   (千葉県船橋市西船5-21-3 3F)参加料:¥2,000(テキスト、楽器レンタル代込み)    当日会場でのお支払となります。講師:樽見ヤスタカ開催定員:2名=================================

【イベントのご案内@6月16日~18日/東京・原宿】

アートプロデューサー 色(shiki)さんの企画展「Cells ~photo~ vol.2」(詳細下端URL)にオフィシャルアーティストとして参加させて頂く事になりました。前回と異なり、今回は写真作品展です。出展作家様は総勢38組!『cells(セルズ)』とは…芸術界で様々な表現方法がある中、特定の同じ表現方法の作品のみを展示する企画です。《cell=細胞》の複数形として《~s》を付けて《細胞達》という意味を持つ造語であり、作品を通じて様々な人々や世界が繋がっていくことをコンセプトにしている。=======================『Cells ~photo~ vol.2』会期:6月16日(土)~6月18日(月)時間:16日(土) 12:30~20:00   17日(日) 11:00~20:00   18日(月) 11:00~17:00会場:DESIGN FESTA GALLERY WEST 1-F   (東京都渋谷区神宮前3-20-18)出展:・Coppelia - https://www.instagram.com/69coppelia69・iSSEi - https://www.instagram.com/ais_heartgraphy・Kanai meg - https://www.instagram.com/megummy_・KENJI Suzuki - https://twitter.com/Kenji_pgraphy・kouphoto - https://www.instagram.com/kou_0112・koz - https://twitter.com/kozsmk0727・Nya-S - http://twitter.com/nya_sat・Sachi - https://twitter.com/utagoroh2・アミヤ ヨカ - http://twitter.com/amiya_yoka・あやぱん - https://twitter.com/ayaya_xt1・イシモトナオ - https://twitter.com/naolx・うつみさな - https://saniiigo63037blue.wixsite.com/saniiigo・きむらたくあん - https://twitter.com/chaos_na_okazu・コウタケダ - https://www.instagram.com/koh_takeda_2・さつき - https://twitter.com/satk_s・たびりす - http://www.facebook.com/tabirisu・トミー - https://www.instagram.com/tommy_photo1221・はるひ そら - https://twitter.com/mu_haruhi・ひろ。 - https://azurespring12.wixsite.com/hiro-photo・ぼうしゃ - https://www.instagram.com/bou_sya・ほの。 - https://twitter.com/photo_hono_sum・もるも小鼠 - https://twitter.com/smallrat1・りゅう@カメラ係 - https://twitter.com/cameragakari・岩﨑 美鈴 - https://www.instagram.com/mii_cam8・阪東美音 - https://miomio2701.wixsite.com/sakatomio・三浦勇人 - https://yutomiura.tumblr.com・三浦雄飛 - https://www.instagram.com/yuuhi_miura・小山ひとき - https://koyamahitoki.tumblr.com・蒼月葵天 - https://www.instagram.com/kaerumaster・大谷景 - http://keiotani.com・中川けいた - https://keitax319.amebaownd.com・天野トロイカ - http://amanotroika.com・本田卓也 - https://www.instagram.com/hnd.tky・矢作文一 - http://www.fumikazuyahagi.com・祐一郎 - https://twitter.com/yuichirou_photo・涼菜 - https://www.facebook.com/suzunaishihara・珈琲 - https://www.instagram.com/coffeeo9・ねる屋。 - https://twitter.com/neru_photoオフィシャルアーティスト:樽見ヤスタカ会場音楽:・kuumi・mainasuion・いしかわひろき入場料:無料企画/主催:色(アートプロデューサー)イベントURL:https://goo.gl/np3SLA

ー制作中のアルバムを何ヶ月も前から告知するごあいさつー

こんにちは。大分、暖かくなってきましたね。薄手のコートで間に合う日も増えて身軽になりました。 そろそろ新年度です。なので今年の大一番になるであろう、と自身が考えている事は事前に書いておきたいと思っています。お時間ある時に読んで頂けたらと。タイトルの通り(^^) 2枚のアルバム「風の刻」「Unconcious Beauty」を制作しています。このアルバムの事や収録曲の事は徐々にお伝えしたいのですが、それぞれ全く異なるコンセプトを持つアルバムです。 ♪2018年の11月末日までに仕上げて販売を開始する事♪うち「風の刻」に関してはレコ発ライブを企画して実行する事♪上記2点をロケーション、環境を重視して発信する事これらを兼ねたアウトプットになるよう準備をしています。 何より人前に出る事をとにもかくにも嫌がっていた自分がオカリナを通して「人前に出る事」を突如し始めてから気が付くと今年で20年が経っていました。 最近では8年半前に千葉市を離れ、神奈川に住み、2017年夏に再び千葉市内に戻ってきました。この期間、自身にとってプラスと感じる事、または苦痛と感じる事、どちらにも振り子が大きく振れ。逆に言えば、それまでは感じる事も今よりは多くはなかったのでしょう。 3年間活動内容を空っぽにした時の特有の喪失感。空っぽにした事のデメリットとデメリットばかりでもない事。 「●●を失った自分って何が残る?」という、あのリアルでもメディアでもよく聞く事の多い自問自答。それすらも考える事なく、「果たして本当に自分って何か失ったかどうか」すらも分かってないかもしれない…という拾い処のない思考をしてた時期。 そういったモヤモヤが晴れ始めた時の感じ方の違い。晴れ始めたきっかけなんてちょっとしたものだったりする事。長くもあり、過ぎてもみればあっという間。 千葉に戻ってきて1~2ヶ月はアルバムの事はもとより、普段通りまた活動していけるかどうか少し不安も残りましたが。 しかし、何というかこう…不思議なもので。環境が変わると掛けて頂けるお声や生れ出てくる内容も変わるもの。俗に言う「気が弱い性格」というか「気が付いてない性格」なのは相変わらずですが、 「思うほど方法が一つとは限られてない」という事も千葉に戻ってからは特に、鈍感な頭ながら沢山の方から実感させてもらえた事がとても有難いものでした。 それらを踏まえて今になって、1曲単位で曲を発売発信する訳ではなく、アルバムという数曲単位で収録されたメディアを作るとするなら、何を込めて作ろうか?それが、この性質でもやっとこさ見つかっているので、気持ちが続いています。 「風の刻」に関しては収録する必要があると考える予定13曲のうち、今は10曲が揃いました。あと3曲の具体化という所まで迫っています。 先月2月に、曲順のうち最初と最後に置く表題曲もやっと完成しました。今はワクワクしながら進めています。 これからの活動も様々お声掛けをさせて頂くと思いますが、どうかその際はご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します!

出演の約3~4時間前にしている事…特に冬!編

2018年の冬もかなり乾燥していますね。目、鼻、ノド…いずれも辛くなる季節。ドゥドゥックにとってもこの乾燥は大敵です。オーボエや篳篥でも演奏前にリードを下準備する事が必要なように、同じくドゥドゥクのリードも入念にセットします。例えば「その日の朝に楽器を持って家を出て、会場に着くまで道中の時間で、あれこれと用事を済ませて→集合時間前に会場に到着!その後でリードを調整すればいいかな…」という当日の予定の組み方は、冬時期は格別難しくなります。リードの様子を慎重に見極めてから家を出て一直線に、寄り道もせずに会場へ向かう、という予定が組めたらベスト。とはいえ、庶務雑務…何かと色々溜まる事もありますね。なかなかそうはいきません。なるべく時短でリードのコンディションを整えるには?という事で自身がやっている調整方法(今の所一番良かったと思える方法)を書いて遺しておきます。次第にドゥドゥックを演りたいという方が増えてきた時にせめてもの参考になれるよう、違う気づきがあったら随時修正する記事にします。「さあ、リードの最終調整しようか」と腰を上げるのは大体出演時間の最低でも3~4時間前くらい。その時の状態は写真①です。